2008年12月02日

紬への入り口

「紬(つむぎ)」をご存知ですか?
ここでは紬に関する色々なことや着物についても書いていきたいと思いますが、まず、紬について簡単に説明しておきましょう。

一般的に着物(振袖や留袖など)は染め着物と言われ、絹の生地にきらびやかな図柄や文様を染め抜いて作られます。
一方紬は織りの着物と言われ、糸の段階で染めたもので織って作られます。

本来紬は養蚕農家が商品化できない繭糸を使って織った事から、生地も丈夫で落ち着いた色合いや模様の物が多く、長い間、普段着とされてきました。だから生地も軽くざっくりとラフに着れます。また着るほどにやわらかく味のある着物になっていきます。
産地によっても特徴があり、さまざまな生地や模様の紬があります。その中でも制作に1年かかると言われる大島紬、結城紬は最高級品として高価な紬として有名です。

本来紬は普段着としてしか用いられていませんでしたが、最近ではその風合いや緻密な幾何学模様の愛好者も多く、外出や食事会などで着られることも多くなっています。
【関連する記事】
posted by tsumugi at 08:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。